食べても太らないはうそ?胃下垂の本当の症状とは

上半身 お腹が減った時におへその上あたりをイメージしますが、そこは小腸があるところです。
胃があるのはもっと上の胸のところです。肋骨に覆われている部分になります。その胃が下がってくるのが胃下垂です。
重症の場合は骨盤辺りまで落ち込むこともあります。胃の上部は変わらないので縦に長く伸びた状態です。
胃下垂になる原因ははっきりとわかっていません。
現在有力なのが、腹部の筋肉や脂肪が少ないことで胃を保つほどの筋力がないことやストレスや生活習慣の乱れによって胃の機能が低下して消化不良を起こして食べ物が長い間滞留することから胃が下がってくることなどと言われています。

胃下垂の症状は、胃もたれ、胸焼け、食欲不振、胸の張り、悪心などがあります。これらは機能低下によるものです。
胃の機能として食べ物が入ると膨らんで食べ物をためて、消化した物をぜん動作用によって十二指腸に送り届けます。
胃が膨らまなくなると少しの量でもお腹がいっぱいに感じることや消化不良やぜん動作用の低下によって食べ物が動かないことで胸焼けや胸の張りを感じるようになります。

胃下垂の症状として食べても太らないと言われますが、実際には長身で痩せすぎの人が胃下垂になりやすい傾向があります。
また急激に痩せた人も胃下垂になりやすいと言われています。
そのような体質の人が生活習慣の乱れや暴飲暴食によって、胃に負担がかかり胃下垂へと発展します。
だから胃下垂になると食べても太らないと言うのは原因と結果が入れ違った考え方のようです。

また、胃下垂になると胃の機能が正常に働かないことが原因で十分な栄養が得られません。
そのため、痩せすぎている状態から太れないと言う方が正しいかもしれません。
その上、下痢や便秘を繰り返したり、吐き気やむかつきが常に感じるようになったりと食事を摂ることが億劫になる要因が沢山あります。
このような状況から胃下垂になるといくら食べても太らないと言う間違った認識が広まったようです。

胃の形は人によって違う!消化が良い胃の形とは

胃は形によって牛角胃、鉤状胃、瀑状胃の3種類に分けることができます。
それぞれの形によって消化したものが残りやすいなど特徴が異なります。これらの形は食文化の違いによって分かれたと考えられます。
欧米人は遊牧民族を由来としているため動物性タンパク質を吸収しやすく胃酸の分泌が旺盛な傾向にあります。
しっかりと胃で消化する必要があります。そのぶん腸が短い傾向にあります。
日本人は気候が安定していたため定住型の農耕民族であったため消化の良いものを食べていたため、胃に負担のかからない食生活を送ってきました。
そのため胃に負担がかからないことからあまり消化機能が高くない胃になったと言えます。

そのため、欧米人には牛角胃と言う比較的水平に近い形の胃が多いと言われています。
日本人に多いと言われているのは 鉤状胃と言われる中央部が十二指腸への出口よりも低くなっている形です。
牛角胃と比べると食べ物が残りやすい形状です。また日本人の5分の1がなっていると言われる瀑状胃と言う形があります。
鉤状胃を左側に90度回転させたような状態です。そのため入り口付近と出口付近に食べ物が溜まりやすくなります。

このように欧米人よりも日本人の方が胃下垂になりやすい形の胃をしていることがわかります。
また日本人は腹筋の筋肉が少なく、食生活の変化により脂肪がつきやすくなったことから胃を支えることができなくなり胃下垂になることが多くなりました。
欧米人は長身でもお腹周りにしっかりと腹筋が付いているため問題ありません。

食事の欧米化が進む中で、胃の形は従来のままであることから対応できず胃下垂になる人が多いようです。
胃下垂に対する予防としては暴飲暴食を避けることやストレスを解消するように心がける必要があります。