胃腸風邪って何?正式名称は?

体温計と風邪薬 胃腸風邪はウイルス性胃腸炎や感染性胃腸炎の総称で、胃腸風邪にはウイルス性と細菌性によるものです。
ウイルス性にはロタウイルスやノロウイルス、アデノウイルスなど冬に見られるタイプで、細菌性にはサルモネラ、カンピロバクター、病原菌大腸菌などがあります。
総称の胃腸風邪はロタウイルス、ノロウイルスなど消化管への感染によって症状が発症します。

胃腸風邪の主な症状は咳、喉の痛み、鼻水など一般的な風邪の症状ではなく、下痢、吐き気、発熱などの症状があり、胃腸風邪は原因になるウイルスや細菌によって症状が異なります。
感染性胃腸炎である胃腸風邪のうちウイルス性で冬に流行るウイルス性胃腸炎にはノロウイルスなどがあり、悪寒、発熱など風邪に似た症状があります。
胃腸風邪のひとつである細菌性胃腸炎は細菌が付着した食べ物を食べることで腸管内で細菌が増殖して発症する感染型や食べ物の中で繁殖し、それを食べて発症する毒素型があり、食中毒は細菌性胃腸炎です。

胃腸風邪の中でも特に多いのはウイルス性胃腸炎で、ウイルス性胃腸炎の感染する経路は、感染した人の便や嘔吐物などで、家族に感染した人がいる場合に便や嘔吐物の処理をする場合に感染することがあります。
ウイルスに汚染された便などに接触すると1~2日程度で症状が発症します。感染者の便などに触れなければ感染しないというわけではありません。
人が多く集まる商業施設などには感染性胃腸炎の患者が嘔吐したものが適切な処理が行なわれていないと何もない状態であってもウイルスが残っている可能性があり、それが乾燥することで空気に舞い空気感染することがあります。

胃腸風邪の治療法は下痢や嘔吐などが1日経っても改善しない場合は早めに病院を受診します。赤ちゃんの場合は半日様子をみて病院を受診します。
胃腸風邪の対処療法は劇的な効果のある薬などはないのですが、適切な治療をしなければ感染が拡大することがあります。
胃腸風邪は下痢や胃痛などがあるので対処療法として市販の下痢止めや嘔吐止めなどを使うと症状が長引くこともあるので、自己判断で下痢止めなどを服用することは避けます。
また下痢などが辛くても水分を適切に摂る必要があり、水分を摂らないと脱水症状を起こす場合もあるので注意が必要です。
食中毒は細菌性胃腸炎で症状が感染性胃腸炎よりも長引くこともあり、食中毒は重篤な状態になる可能性があるので、胃腸に不調を感じた場合には病院で診察を受けることが大切です。

胃腸風邪の時に食べてはいけない食品とは?

胃腸風邪の時は、ウイルスが排出されるまで待つ必要もあり辛いものですが、胃腸風邪で下痢や嘔吐が続く時は胃腸に優しい食事を摂ることを心がけます。自覚症状がおさまり数日かけて通常の食事に戻すようにします。
胃腸風邪の時に食べてはいけない食品もあります。柑橘系の果物、キノコ類、バナナ、刺身などの生もの、香辛料や脂質の多い油っこいものです。

柑橘系はみかんやグレープフルーツなどで胃を刺激するため吐き気が増してしまいます。 症状が治まって1週間は避けたい食品です。キノコ類は食物繊維が入っているので下痢が酷くなり、バナナはカリウムが含まれていて利尿作用があり脱水が酷くなる可能性があります。
刺身などの生ものも避けます。生ものが原因で胃腸風邪になることもあるので、加熱したものを食べるようにします。
また脂肪分の多いものやお菓子も控えます。脂肪分の多い食べ物は消化の始まりが遅く吸収に時間がかかり、腹持ちはよいですが消化が悪いため脂肪分の多い食べ物は控えます。

また食品添加物が配合された加工食品は、添加物など余分なものが配合されているため内臓に負担をかけることになるため、添加物の多い食べ物も控えます。
胃腸風邪の症状がでたら、下痢や嘔吐で辛くても水分補給は必ず行ないます。
水だけではなく、適度な塩分と糖分も必要なのでスポーツドリンクや経口補水液など少量ずつまめに飲むようにすると良いです。
下痢を止めようと自己判断で市販の下痢止めなどは飲まないようにします。飲むことで症状が長引くこともあります。

また吐きたい場合は我慢せずに吐きます。吐き気がある場合に無理をして食べる必要はなく、水分を補給しながら安静に過ごすことも必要です。
症状が改善しなかったり、何か飲んでもすぐ嘔吐する場合は早めに病院を受診するようにします。