胃もたれの原因は機能性ディスペプシア!?

胃もたれがあって辛いのに検査をしても原因がわからない場合、それは機能性ディスペプシアかもしれません。
日本人の約25%はこのような原因不明の胃もたれや消化不良に悩まされていると言われています。

症状としては、胃もたれの他にみぞおちあたりの痛み、胸焼け、ちょっとの量ですぐに満腹感を得られてしまう、胃のあたりに何となく違和感がある、むかむかするなどがあります。
これらの症状が全て機能性ディスペプシアであると言うことではありません。
他の疾患によってもこのような症状は見られます。
検査をして原因が見つからないことで初めて機能性ディスペプシアを疑うことになります。

このような症状が見られた時に、まず疑われるのは胃や十二指腸潰瘍、胃がんなど胃の器質性疾患や胃の周辺臓器の悪性腫瘍など重大な疾患があります。
そのためまずは胃や十二指腸に潰瘍などの異常が見られないか、胃にがんや炎症が見られないか、ピロリ菌に感染していないかなどを検査する必要があります。
潰瘍やがんなど場合は腹部超音波検査である程度確認できますが、ピロリ菌の感染の確認を含めて内視鏡検査を行うことがもっとも確実です。

これらの検査をおこなっても全く異常が見られない、それでも胃もたれなどの症状が長期にわたって続いている、原因がはっきりしない場合は機能性ディスペプシアであることが多く見られます。
胃は食べ物が入るとある程度ためてから十二指腸へ送り出す働きがあります。
ストレスや過食などの不規則な食生活、喫煙や過度なアルコールなどによって、その機能が低下して異常が生じることが原因と言われています。
ただの消化不良であれば一過性のもので継続しませんが、このような症状が半年程度続くようならまずは検査が必要です。

結果として、原因が不明でありそれでも症状が続くことが機能性ディスペプシアの特徴です。
死に至る疾患ではありませんが、原因がわからないことで長い間辛い思いが続くため、患者の負担は大きくなります。

機能性ディスペプシアには2つの種類が存在する

機能性ディスペプシアには、大きく分けて食後愁訴症候群と心窩部痛症候群に分けることができます。

食後愁訴症候群

通常の量を食べただけなのに煩わしく感じる食後膨満感や通常の量を食べることができないぐらいの早期飽満感のいずれかが週あたり少なくとも数回は発生することで診断されます。
十二指腸に送り出す胃排出能が低下することで食後のもたれ感である食後膨満感を感じやすくなります。
いつまでも胃に食べ物が残っていることから胃もたれを感じるようになります。
また、胃の機能である食べ物を少しの間溜めて消化する適応性弛緩機能が低下することで早期飽満感が感じられます。
胃が十分に弛緩しないのですぐに容量が満たされてしまうことが原因です。

心窩部痛症候群

中等度以上の心窩部に痛みあるいは灼熱感が間欠的に週に1回程度存在して、他の腹部や胸部あるいは全身には存在しないこと、排便してもおならによって胃腸内のガスを排泄しても軽快しないこと、オッジ括約筋と胆嚢の障害に関する基準を満たしていないことの全てが当てはまることで診断されます。
内臓知覚過敏が原因でこれらの痛みや灼熱感を感じるようになると言われています。
消化器官には働きや知覚、分泌の状態を制御するための迷走神経が分布しています。
この神経が過剰に働いて原因もないのに痛みや灼熱感を感じさせるようになります。

過度のストレスによる心理的な因子は食後愁訴症候群と心窩部痛症候群のどちらにも影響を与えます。
人はストレスによって不安を受けると胃の容量が低下して腹部に不快感を生じるようになります。
医療機関で機能性ディスペプシアと診断された患者にパニック症候群と同じぐらいの社会的なストレスを受けていたことでうつ的要素あるいは不安的要素が強い心理的状態が見られたと言う結果が報告されています。