「美味しいものが食べたい」人が外食しても、少し食べただけで胃もたれを起こしてしまいそれ以上は食べることができなかった、という経験をした人は多いのではないでしょうか。
また、若い頃は脂っこいものも好んで食べていたのに、ある程度の年齢になったらちょっと食べただけで気持ち悪くなってしまう、なんて人も多いと思います。
例えば、こってりした食べ物とあっさりした食べ物を同じ量食べた場合、あっさりしたものは食べた後に気持ち悪くなることはありませんが、こってりしたものを食べた後は、胃もたれを起こして気持ち悪くなったりすることがあります。
そもそも、胃もたれとはなぜ起こるのでしょうか?ここでは、胃もたれを起こす原因と、それを解消するための治療薬について見ていきましょう。

胃もたれとは?主な症状とメカニズムを知ろう!

胃もたれの男性 胃もたれとは、胃の中に食べ物が消化されずに残っているような、胃が重く感じたりお腹が張ったように感じる症状のことで、胃の活動が低下している時に起こりやすいです。
胃の主の役目は、食べ物を腸内で消化・吸収しやすくするために、その準備段階として消化を行うことです。
食べ物には、消化しやすいものもあれば消化しにくいものもあるため、特に消化しにくいものを腸内でより吸収しやすいように、胃である程度消化させてから腸へと送るのです。
また、貯蔵庫のような役目も持っており、たくさん食べた時にはその食べ物をいったん胃の中で貯蔵しておき、腸の消化状況に応じて少しずつ送り出すこともしています。
この働きによって、たくさん食べた時でもきちんと消化・吸収ができるわけです。

食べ物の量をコントロールする仕組み

胃には入口にある「噴門」と、出口にある「幽門」によって食べ物の量をコントロールしています。
また、胃の内部には強力な酸性を示す胃酸が溜まっており、食道に逆流しないように食べ物が来たときだけ素早く噴門が開き、食べ物が通ると素早く閉まります。
胃の内部は強酸性の胃酸でも耐えられる構造になっていますが、それ以外の食道は食べ物しか通らないので、胃酸に耐えられる構造にはなっていません。
そのため、噴門は胃酸の逆流を防いで食道を傷付けない役目も果たしています。

胃の中に食べ物が運ばれると、蠕動作用により一定のリズムを刻みながら胃液と混ざります。
そして腸で超過されやすいようにドロドロに溶かされ細かくされます。この小刻みな動きによって、細かくなった食べ物が十二指腸へと運ばれていきます。
胃の蠕動作用による小刻みな動きは、いつも一定を保っているわけではなく、自律神経によってコントロールされています。
そのため、何らかの要因で自律神経の活動が乱れると、蠕動作用のコントロールが上手くできなくなり、リズミカルな動きができなくなってしまいます。
すると、胃で消化された食べ物が次の十二指腸へと運ばれずに、胃の内部で留まり続けることになります。これが原因で、胃もたれが起こるのです。

自律神経は体に大きく関わる

自律神経は、様々な要因によって乱れてしまいます。
胃もたれを起こす要因としては、食べ過ぎ・脂肪分の過剰摂取・加齢・体質・ストレスなどがあります。
強酸性な胃液でも、消化の悪い食べ物は消化するまでに時間が掛かります。
特に、脂肪分の多い揚げ物や肉類などを多く摂取したり、お腹がパンパンになるまで食べ過ぎたりすると、その分胃に負担が掛かり胃もたれを引き起こします。

ストレスを日常的に受けていたり、強いストレスを受けたりすると、胃の活動をコントロールしている自律神経に影響が出てきます。
ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、胃の蠕動作用がリズミカルに動かなくなり、食べ物が上手く消化されなかったり、消化されたものが十二指腸に運ばれなくなったりして、胃もたれを引き起こします。
虚弱体質の方や中高年の方は、生まれつき胃腸が弱かったり、歳を重ねることで蠕動作用が低下しがちです。
そのため、健康な人や若い人達よりも消化に時間が掛かることがあり、その分胃への負担も大きくなります。
胃への負担が大きいと、たとえ脂肪分の少ない食べ物であっても胃もたれを起こすこともあります。

消化の仕組みとは

胃である程度消化してから十二指腸へと送られるのだから、どんどんと消化できるのでは?と思う方もいると思います。
それは、十二指腸内の消化液は消化酵素と呼ばれるもので、胃液とは異なるものだからです。
胃液は塩酸が主な成分であり、消化と共に殺菌も行っています。
胃液の酸でほとんどの食べ物は消化できますが、タンパク質や脂質は十分に分解することがでません。そのため、十二指腸の消化酵素が必要となるのです。
消化酵素は微生物であるため、タンパク質や脂質をエサにして分解することができます。
しかし、分解するまでにはある程度の時間が必要となるため、一気にたくさん食べたりすると消化しきれなくなって、胃もたれにつながるのです。

胃もたれを解消する治療薬ネキシウム

胃もたれを解消した女性 胃もたれを解消するためには、有効成分を配合した治療薬を使用するのが最も効果的です。
胃もたれにはネキシウムがおすすめです。

ネキシウムはどんな薬?

ネキシウムとは、強力な酸抑作用を持つ成分で、即効にも優れているプロトンポンプ阻害薬です。
プロトンポンプとは、光エネルギーを利用して水素イオン(プロトン)を能動輸送し、生体膜の内側と外側に膜電位(膜の内側と外側の電位差)やプロトン勾配を作る機能をいいます。
ネキシウムは、胃の壁細胞のプロトンポンプに働きかけ、胃酸の分泌を抑える効果があります。

ネキシウムは、プロトンポンプ阻害薬の中ではまだ新しい治療薬で、2011年に国内認証されたばかりです。
主成分はエソメプラゾールです。従来のプロトンポンプ阻害薬では、オメプラゾールと呼ばれる成分が使用されていましたが、ほぼ同じ製法でありながらオメプラゾールよりも高い効果が得られるとして、現在ではエソメプラゾールが使用されています。
ネキシウムの成分であるエソメプラゾールの効果を調査する治験を行ったところ、胃もたれなどの胃腸障害患者の約87%に対して解消効果が認められたという結果が出ています。
治験では、胃もたれなどの胃腸障害を訴える患者189人に対してネキシウムを服用してもらい、その解消結果を調査したところ、165人に対して症状の解消効果が出ました。
ネキシウムの主成分エソメプラゾールは、胃もたれの他に逆流性食道炎にも高い効果を発揮することが分かっています。

逆流性食道炎について

逆流性食道炎とは、強い酸性を示す胃液や胃で消化された食べ物が、食道へと逆流して留まることで、食道の粘膜が炎症を起こして強い胸やけや痛みなどが起こる症状です。
従来の日本では、朝・昼・晩の3食で栄養バランスの良い和食が食べられていたため、日本人は逆流性食道炎とはほとんど無縁でした。
しかし、現在は食の欧米化が進み脂っこい食事を好むようになったため、逆流性食道炎になる人が増えています。

ネキシウムの働き

エソメプラゾールを主成分とするネキシウムは、再発率が非常に高い逆流性食道炎の維持療法においても高い再発抑制効果があることが分かっています。
その再発抑制率は、オメプラゾールを主成分とする従来プロトンポンプ阻害薬が83%であるのに対し、エソメプラゾールを主成分とするネキシウムはそれを遥かに超える92%という結果が出ています。
従来の再発抑制率も高いですが、ネキシウムは更に高い効果を発揮します。
ネキシウムの効果としては以下の効果があります。

  • 胃酸の分泌を抑制させ胃酸の逆流を防ぐ
  • 逆流性食道炎・非びらん性食道逆流症・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などにも治癒・再発抑制効果
  • ピロリ菌の除菌補助によるピロリ菌感染胃炎の予防効果

この治療薬の服用方法としては、食前・食後といった制限はないので、いつ服用しても構いません。
ただし、疾患によって用法・用量が異なるため、その点はきちんと守ることが大切です。

逆流性食道炎
成人は1日1回・20mgを服用します。
服用期間は8週間までとし、再発を繰り返す場合の維持療法では、1日1回・10mg~20mgを服用します。
ネキシウムは基本的に食前・食後の制限はありませんが、逆流性食道炎の場合には食前に服用する方が効果的です。
非びらん性逆流性食道炎
成人は1日1回・10mgを服用します。
服用期間は4週間までとなっています。食前・食後のどちらに飲んでも構いません。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍
成人は1日1回・20mgを服用します。
服用期間は胃潰瘍は8週間まで、十二指腸潰瘍は6週間までとなっています。食前・食後の制限はありません。
ピロリ菌の除菌補助
ネキシウムを1日1回・20mgに、更にアモキシシリン水和物を1回750mg、クラリスロマイシンを1回200mgを同時に服用し、それを7日間継続します。

ネキシウムの副作用には何がある?

副作用に苦しむ男性 胃もたれや逆流性食道炎などに高い効果を発揮するネキシウムですが、場合によっては副作用が起こることがあります。
ネキシウムで起こる副作用としては、頭痛・めまい・軟便・下痢などで、患者さんによっては肝機能値に異常が現れることもあります。
しかし、従来のプロトンポンプ阻害薬よりも副作用の発生率は低く、稀に起こる程度です。

もしネキシウムによって副作用が起こったとしても、症状は軽度で済むことがほとんどです。 ただし、ピロリ菌の除菌治療においては下痢の副作用が起こる場合があり、人によっては下痢などの症状が長く続く場合があります。そのような場合には、医療機関で医師の診断を受けるようにしましょう。
ネキシウムは、副作用も下痢などの軽度なものが多く安全な治療薬とされていますが、体質や場合によっては重い副作用が起こることも稀にあります。
重度な副作用としては以下の症状があります。

  • アナフィラキシーショック
  • 肝機能障害
  • 肝不全
  • 血小板減少
  • 黄疸
  • 中毒性表皮壊死融解症
  • 低ナトリウム血症

これらの副作用が起こる頻度は、血小板減少が1%未満の他は、いずれも頻度不明となっています。
その他に起こり得る副作用としては、発疹や皮膚炎などの過敏症(1%未満)、腹痛や下痢などの消化器系の副作用(1%未満)、肝酵素上昇(1%~5%未満)、白血球減少(1%未満)、頭痛やめまいなどの精神神経系の副作用(1%未満)などとなっています。

ピロリ菌の除菌補助においては、他の副作用よりも比較的高い確率で発生します。
下痢・軟便は約20%、味覚異常は約8%、発疹は1%~5%、口内炎・腹痛などは1%~5%、他にもいくつか副作用がありますが、いずれも1%未満・頻度不明となっています。
副作用が出る確率として最も高くても20%なので、本当に稀であることが分かります。

ネキシウムは、従来の治療薬と比較しても副作用の少ないですが、100%副作用が出ないわけではないいため、服用する際には以下のことに注意する必要があります。

持病のある人・高齢者は慎重に投与する
持病の中でも肝機能障害がある人は注意が必要です。 ネキシウムは肝代謝型の治療薬であるため、服用することで血中濃度が高くなる場合があり、重篤な肝障害を引き起こす可能性があります。 また、高齢者は胃腸も弱っている場合があるため、慎重に投与する必要があります。
逆流性食道炎の注意点
再発防止のため維持療法を行う場合には、医療機関で定期的に胃の内視鏡検査を受け、再発・再燃がある場合にのみ服用するようにしましょう。 再発がない場合にネキシウムを服用する必要はありません。
非びらん性胃食道逆流症の注意点
胸やけや胃もたれ、逆流感などを1週間に2日以上感じた場合に服用しましょう。 また、ネキシウムは胃がんや食道がんなどの悪性腫瘍や、その他の消化器疾患の自覚症状を感じなくさせてしまう性質があります。 そのため、服用前には内視鏡検査を受けるようにし、悪性腫瘍が無いことを確認してから使用するようにします。 非びらん性胃食道逆流症では、2週間を目途に効果を確認します。
ピロリ菌の除菌補助での注意点
全ての治療が終了した後、4週間以上経過した時点で検査を受け、ピロリ菌の除菌効果を確認します。 検査で抗体測定を用いる場合には、治療終了後6ヶ月以上経過してから行うようにします。 一次除菌療法で効果が認められなかった場合には二次除菌療法を行いますが、二次除菌療法中のアルコール摂取は控えるようにします。

ネキシウムの服用では禁忌事項があり、(1)ネキシウムの主成分エソメプラゾールに対して過敏症がある方、(2)アタザナビル硫酸塩やリルピビリン塩酸塩(共にエイズウイルスの増殖を抑える治療薬)を服用している方です。
この中で、アタザナビル硫酸塩・リルピビリン塩酸塩を服用している方は、ネキシウムを服用することで、治療薬の効果が低下する可能性があるため服用を避けましょう。

おすすめ記事